隠すことが悪いことだと思って生きてきた¦なんでも素直な私

その他

こんにちは!

まのです。

突然ですが、

【相手の気持ち・思い】を考えていますか?

今日は、

隠すことが悪いと思っていた私が、

なんでも素直な私に変わった話について

書いていきたいと思います。

素直も、隠すも良い悪いではない。

 

わたしは、
小さい頃は自分の意見を言えず、
自分をさらけ出さずに生きてきました。

 

例えば、
親に対して自分の言いたい事を言えず、

『自分が我慢したらそれでいいや』

そんな風に生きてきました。

 

最近、親に、

「我慢せずに話していいし、生きたいように生きればいいんだよ」

と言われてから、

『我慢せずに、なんでも話していいんだ』

と考えて、

【素直】に生きる事にしました。

 

《我慢せず生き、素直に生きていく》

 

とてもいい方向になったんじゃないか?

と思えますよね?

でも、

なんとなくすっきりせずに生活していました。

 

相手のことを思う『気持ち』は伝わる。

 

そもそも、

素直にさらけ出すのがいいとか

隠すのがいいとか

いいとか悪いとかの問題じゃないんですよね。

 

「素直に言ったら傷つくかもな」

「これは隠さないほうがいいことだよな」

 

いいとか悪いとか判断している時点で、
自分の価値観で考えていることに気づいたのです。

 

気付いたきっかけとしては、
知り合いの人に言われたある言葉です。

「気持ちって必ず伝わるんだよ」

「相手のことを思う気持ちは伝わるから。」

素直にさらけだすのも、

敢えて隠すことも

どっちが良いとか悪いとかはありません。

しかし、
その行動をとるということの裏にある


『気持ち』

という部分が相手に伝わるんだと思っています。

 

相手の気持ちを思う行動ならなんでもいい

隠してることもさらけだすことも、

相手のことを思う行動ならどっちでもいいと思います。

【相手の気持ちを思う行動なのか】
【本当に相手のことを思っているのか】

 

一度考えて見ませんか?

気付いた時には

幸せな世界が広がっていると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました