恋愛をしても満たされない自分がいる

傾聴

こんにちは。まのです。


みなさん恋愛してますか?


わたしは正直日常茶飯事です。
誰でも恋愛フィルターをかけて、異性をみる癖があります。

「結婚相手になるのだろうか?」
「この人が彼氏になるのかな?」

そんな目線でしか異性をみれていませんでした。

 

いませんでした…と言うことは、今は違うんです。

 

わたしが恋愛しても満たされない自分から

解放された経験についてお話します。

 

去年の年末、人生で初めて、

「彼に浮気をされました」

遠距離恋愛をしていて、年下の彼。

なんとなく「彼氏」という存在なだけで、
わたしは彼に過度な期待をしてました。

「彼氏だからわかるでしょ」

「彼氏だから好きでいてくれるでしょ」

 

個人として、人間としてみるのではなく、
「彼氏」としてのフィルターをかけたまま
恋愛をし続けていたのです。


浮気をされて、初めて気が付きました。
いままでの彼氏全員に対して
そのような対応をしていたな…と。

 

そりゃ、
誰に恋愛してもずっと満たされないままですよね。


わたしにとっての恋愛とは、
「その人じゃないとダメ」
ということではなく、
「彼氏」であればだれでもいいと言うことになります。


なぜ「人」としてじゃなくて
「彼氏」としてのフィルターをかけていたのだろう?

いろんなことを考えた結果、

「自分のことが好きじゃなかった」

というのが、私が出した答えでした。


自分のことが好きじゃないから、
他人からの愛が欲しい。

≪承認欲求を満たせる=彼氏≫

≪彼氏=無償の愛をくれる人≫

そのような解釈をして、
25年間生きていました。


恋愛をしても満たされないあなたは、

『自分のことが好きですか?』

自分のことを自信持って好きだよと言えない人が多いと思います。


自分のことが好きじゃない時点で相手を好きになろうなんて無理なんですよね。
恋愛で満たされないのであれば、

「他人を好きになる努力をするなら自分を好きになる努力をする」

おすすめします。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました