【看護学生必見】看護師寮のメリット・デメリット:看護師寮2年経験者談

看護師

こんにちは。
就職のタイミングで大学病院の看護師寮に約2年住んでいたまの(@69mmamm69)です。

就職をする際に、寮に入ろうかどうか悩まれていませんか?
寮に入るといろいろな制限があるんじゃないか?
寮は一人ぐらしするより安いっていうし…

などといろいろ考えることがありますよね。

私も就職先が決まった時に、寮に入るかどうかを悩みました。

今回は、
・看護師寮のメリット
・看護師寮のデメリット
・看護師寮に入る前に確認しておくとよいこと
・看護師寮に恋人は呼べる?
の順に説明していきたいと思います。

看護師寮に入って生活しようと思っている人の不安が少しでも解消できると思います。

寮生活経験者の体験談も交え、看護師寮のメリット・デメリットについて書くので、読んでみてください。

看護師寮のメリット


まず、看護師寮に入るメリットについてどんなことがあるか見ていきましょう。

経済的/金銭的負担を抑えることができる

看護師寮に入ろうかと考えている人が一番に魅力に感じるのは、金銭的負担の軽減ですよね。
寮の場合、病院の規定や地域によって差がでると思いますが、同じ地域で同じ間取りを借りようとした場合より、家賃が低く抑えられることが多いです。

また、物件を契約する際に必要である敷金や礼金、仲介料、保険料などが基本的にかからないことが多く、初期費用と呼ばれるものがかからないことがメリットです。

まの’s voice
・1R 8畳(トイレバス別)の寮(最寄駅徒歩5分)
・寮費は5000円と格安(同じ条件の物件は、相場は5万~)
⇒約4万5000円も安い ☆断然お得でした

 

通勤しやすい


寮は職場から近いところが多く、通勤時間が15分以内のことが多いです。
立地も良いところを選んでくれることが多く、駅近。
また、職場までは自転車や徒歩で行ける場合も多いです。通勤ラッシュなどのストレスも軽減することができますね。

まの’s voice
・病院内に寮があるため、職場まで徒歩1分
・通勤ラッシュなどを気にしなかった
・制服の通勤可

 

夜勤に理解がある

看護師寮では、同じ寮に住んでいる人は看護師です。
生活リズムがバラバラになることへの理解があるため、過度に心配する必要はなくなります。

看護師になると、生活リズムが通常の場合と異なるため、家事をする時間帯などまで気を遣えないことが多くなります。生活音が周囲に迷惑をかけてないか心配してしまう人もいるでしょう。

 

仲良くなれる、友達とすぐ会える

寮生活の場合、同僚や先輩とすぐ仲良くなれます
同じ寮ということで会話が弾むことや、先輩も優しく気にかけてくれます

初めての一人暮らしの場合、どのように生活していこうかと不安を抱くことも多いと思います。
近くに友達や先輩がいることは、とても心強く、仕事だけでなく一人暮らしの悩みなどを一緒に考えてもらえます。
また、一人暮らしで寂しさを感じてしまう人は安心感があるのでとてもオススメです。

まの’s voice
わたしは、同じ学校から同じ病院へ勤める人が1人だけでした。
寮が同じということで仲良くなれた友達もたくさんおり、1人で不安を抱えることはなかったです。
研修期間は、毎回友達と料理を作って持ち合い、晩御飯を一緒に食べていました。

 

看護師寮のデメリット

看護師寮で過ごすメリットについて書いていきましたが、デメリットについても気になることがあると思います。
実際に住んだ経験でデメリットだと思う部分も含め、書いていきます。

職場関係者と合ってしまう

同じ寮に住むということは、休みの日でも職場の人と会う可能性が高いですね。プライベートであるのに、寮内で職場の人と会うと仕事感が出てしまいます。
休みは職場のこと考えず過ごしたい方には、スイッチのON・OFFがしにくいので大変になります。
また、同じ寮内に苦手な先輩や同僚がいることになった場合も、プライベートであるのに気にしなければいけなくなるため、ストレスになる可能性大!!

 

まの’s voice
職場関係者と合うと、挨拶をしなければならなく、疲れている時などにはしんどさを感じることもありました。
プライベートなスペースであるはずなのに、うまくスイッチのON・OFFが切り替えられない環境であったと思います。
また、周辺施設の利用についても行動範囲が同じなため、スーパーや薬局へ行っても同僚や先輩に会ってしまうことが多かったです。

 

看護師寮で確認しておくといいポイント

院内寮か院外寮か

大きな病院になると、院内寮・院外寮の2種類があることがあります。
院内寮と院外寮の違いについて、知っておくと選択がしやすいのでオススメです。

院内寮…病院の敷地内に寮があります。
通勤時間、通勤の手間がなくなります。疲れてもすぐに帰宅することができます。制服で通勤可能なことが多いので、通勤時に私服を選ぶ手間が減ります。しかし、院内寮であると、寮内であっても、病院の中にいるという感覚になることも多いです。

院外寮…病院の敷地外に寮があります。
マンションを借り上げて寮にしていることがほとんどです。マンション内の住民が全員同じ職場の人というイメージです。セキュリティがしっかりしているところが多く、安心して生活できます。

寮の見学ができるのであれば、全ての寮を見学することをオススメします!

まの’s voice
院内寮と院外寮では、家賃が違う!
院内寮のほうが格安で、設備も変わりませんでした。
入居希望を取る際に、院内寮の見学はできましたが、院外寮は見学できませんでした。

 

寮費は本当にお得?

寮費について、確認してほしい点があります。

・寮費
・住居手当

この2つを比較した価格をしっかり見ましょう。
住居手当がある場合は、家賃がそこまでかからない場合もあります。

『格安だから…寮に入ろう!』
という考えだけでなく、

・プライベートのON/OFFを優先させたい
・病院とは離れて暮らしたい
・近所の人が職場の人は嫌だ

などの理由で、寮に入ることが少しでもためらうのであれば、住居手当との差し引きをしっかり確認しましょう。

まの’s voice(実例)
寮費 5000円
住居手当 27000円(5万以上の家賃の場合)
⇒5万円の物件に住むのであれば、自己負担額は23000円となります。
私の場合、寮費がとても安かったので、差額は大きいです。
他の病院の場合、しっかり計算するとあまり変わらない場合もありました。

 

間取りや方角が自分で選べるか

寮の場合、部屋が何階の何号室であるか自分で選べない場合があります。
生活の基本となる住居。毎日過ごす場所であるため、日当たりや間取りを気にする方は多いですよね。
寮の場合、住居についてあまりこだわりがないであれば大丈夫ですが、気にしてしまう方にはマイナスポイントとなります。

《マイナスポイント》
・1階などになる
・日当たりが極端に悪い
・階段に近い
・高速道路や高架線が近い

 

まの’s voice
わたしの場合、隣の建物がとても高く日当たりが1日中悪い部屋でした。
朝日が入らず、朝起きるのに困りました。
朝日を浴びれない環境であると、心もどんよりしてしまいがちだったなと思います。

 

看護師寮に恋人を呼ぶことって?

社会人になると、誰かを部屋に呼んだりすることもありますよね?
実際に恋人が部屋に遊びにきても良いかは気になる所です。

異性が泊まることが禁止の寮もあり

異性が泊まることを禁止していることが多いのが現状です。
看護師寮では、女性がほとんどを占めるので、恋人や異性の友達を呼ぶことはすぐに周囲にばれてしまいます。
禁止されているのにも関わらず、異性を泊めることは、他の住民とのトラブルになる場合もあるので注意しましょう。

 

まの’s voice
寮は、異性だけでなく友達が泊まることも禁止でした。
しかし、異性や友達を泊まらせている人も多いのが現状でした。
禁止になっているため、みんな隠すようにして泊まらせており、不思議な現象でした。
恋人を頻繁に呼びたい場合などは、寮であると気を遣う場合も多いと思います。

恋人とのことを周囲に知られる

恋人を職場の人に知られてしまうことが多いです。
職場の人と顔見知りの場合も多く、すぐに噂が広まってしまいます。プライベートまで職場の人に立ち入られたくない人は注意すると良いですね。

 

最後に

私の経験上、3年間は寮に住むといっている人が多かったです。
しかし、神経質な方や周りに気を遣ってしまうタイプの方は、寮に住み続けることが息苦しそうでした。

寮を出た先輩も口をそろえて
「早く寮を出れば良かった。」
と言っていました。

「寮費が安いから、とりあえず。」
「あとで引っ越ししたら良いから」

という意見も多いですが、仕事が忙しくなると引っ越しするのもとても労力が必要になります。

看護師寮に入るメリットとデメリットを知り、自分の生活について比較して考えた上で、選択できるのが良いかと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました