看護師転職サイトを使用する前に知っときたいこと¦看護師転職経験者情報

看護師

こんにちは。

元看護師のまのです。

今回は、
看護師の転職方法について、
「もともと知ってたら良かったな~」
と思うことがあるので、書いていきたいと思います。

 

複数の転職方法を並行でするのがオススメ

 

看護師で転職活動をするのであれば、
知っておくと良い転職活動方法は3つあります。

①転職サイトの利用
②看護協会の利用
③直接病院の募集案内から募集する(HPや張り紙など)

転職サイトの利用

『よし、転職をしよう!』
と思い、仕事をしながら転職活動するとなったら

一般的に利用するのが、
転職サイト
だと思います。

私は、
転職サイトに複数登録し、
初めはいろいろなところを併用しながら転職活動をしました。

・電話のみで対応する
・面談したのちに、その後は電話での対応
・面接先にまでついてきてくれる

などなど、転職サイトによって
提供されるサービスは様々です。

複数の転職サイトを登録して探すことを
「なるべくやめた方がいいですよ。」
と言ってくる転職サイトもあり…

本当に会社や担当者によっても全然対応が違いました。

転職サイトに登録することが
インターネットで検索して、登録するだけで簡単に求人情報が得られるものから、
直接ヒアリングしてマッチングさせてくれるものなど、
お手軽さも違うため、

いろいろな転職サイトを使用し、
自分に合った転職サイトを見つけるのがオススメです。

《メリット》
・謝礼金やお祝いプレゼントなど特典がある転職サイトが多い
・手っ取り早く転職まで辿りつけます。

看護協会の利用

転職をした後に、
看護協会を利用して、転職ができることを知りました。

県の看護協会に直接伺い、求人情報を得ることができます。

看護協会では、
元看護師の方が対応してくださるため、
安心して相談できます。

また、
eナースセンター
というものに登録すると、
求人登録ができるそうです。

直接病院の募集案内から募集する(HPや張り紙など)

余裕があるなら
この方法が一番おすすめです。

どこの職場(病院)も基本的には人不足の状態です。

自分が気になる職場を見つけられたのであれば、
募集がなくても直接問い合わせてみましょう。

また、転職サイトを利用することは、
職場(病院)がお金を払って求人していることになるため、
内定が出しにくい状態となってしまいます。

病院経営者からも
直接問い合わせてくれたほうが
条件も叶えてあげやすく、
内定も出しやすいとのこと。

最後に

私は、転職しようと思った時に、
転職サイトしか方法を知らない状態でした。

いろいろな転職方法を使って良い!

転職活動は転職サイトの利用以外もある!

 

この二つを知ってもらいたくて記事を書きました。

 

あなたにとって、
良い転職活動に繋がりますように☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました