私が人の話を聞く理由¦傾聴を広めたい

傾聴

こんにちは。

傾聴プロデューサーまのです。

私が人の話を聞く理由は、
傾聴を広めたいからです。

あなたは、
誰かに親身になって話を聴いてもらった経験はありますか?

誰かにしっかり話を聴いてもらえるという経験はその人にとって、あたたかい気持ちになれるものだと考えています。
嫌な気持ちになることはありませんよね?

そして、私にとって、
人の話を聴くこと・傾聴を広めることは、
自分自身のためでもあります。

 

そもそも傾聴って?

そもそも傾聴ってなに?という人が多いと思います。

傾聴は、カウセリングやコーチング、看護などにおいて、
コミュニケーションの中で用いていき、
相手との信頼関係を築くための基本的姿勢と言われています。

《傾聴》
・言葉以外の行動に注意を向ける
・言葉によるメッセージに最後まで耳を傾ける
・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。

⇒具体的な技術ポイントが他にもいくつかあります。

傾聴を広めることで伝えたいこと

傾聴することで、話し手が
・漠然とした悩みやもやもやが浄化する
・問題が明確化する
などの効果があります。

しかし、
私が傾聴を広めたい理由としては、

「傾聴ができる人が増えてほしい」

 

そのように考えるようになった経験があります。

傾聴について学んでいる時に、
自然と母に傾聴をするタイミングがありました。

今までは、

『母の気持ちが良くわからない』
『自分はこう思うのに、母はなんでこんなことを言うんだろう?』

とぶつかることが多かったです。

しかし、
母の気持ちに寄り添って、話を聞くことで

「母ってこんなこと考えていたのかも?」
「こういう考え方もあるんだな」

と知ることができました。

その結果、
母とぶつかることなく、
なおかつ自分の価値観が広がり、
固く結んでいた紐がゆるむような経験がありました。

「他人のことだからわからない。」
「自分と他人は違うから分かり合えない」

そう思っていた部分も
傾聴をすることで、
相手に寄り添うことで、
自分の心があったかくなることが多くなりました。

理解しあえないと諦めるのでなく、

『こういう考え方もあるんだと視野を広げてくれる相手』

と思える行動が傾聴であるかなと思います。

要するに、
傾聴をすることは、
相手の気持ちに寄り添うことで、
自分の心の声に耳を傾けること

傾聴を広めることで、
いろんな人が傾聴を知ることで、
人と人がぶつかりあわず、
幸せな輪が広まっていく。

傾聴をする人が増えることが、
視野が広まり生きやすくなる人が増える

そんな世界になると信じて。

 

私が人の話を聴く理由。
私が傾聴の布教活動をしている理由です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

  1. […] 傾聴を広めたい理由に関しては下記記事 私が人の話を聞く理由¦傾聴を広めたい […]

タイトルとURLをコピーしました